お知らせ
内灘町歴史民俗資料館「風と砂の館」

裁縫道具 母から娘へ

展覧会名 裁縫道具 母から娘へ
会期 平成28年11月12日(土)〜12月25日(日)
昔、裁縫道具は母から娘へと、嫁入り道具のひとつとして持たせることが多くありました。今回の企画展では、当館のほか金沢くらしの博物館や個人所蔵の裁縫道具を集めて展示し、民具としての裁縫道具の魅力についてご紹介します。
期間中は、ゆびぬき作り体験や講演会も当館で開催いたします。

ゆびぬき作り体験
日時   11月26日(土)
    13時〜15時
講師   ゆびぬき作家 大西 由紀子 氏
参加費  1500円 要申込
定員   10名様 先着順
金沢に昔からあるゆびぬきを
土台から作っていきます。
持ち物 糸切りばさみ

講演会
日時  12月11日(日)
14時〜15時半
内灘町文化財保護審議会会長
講師  竹田 菊夫 氏
参加費 無料 要申込
定員  30名様 先着順
演題  糸巻・ゆびぬき・刺繍帳のノスタルジア

スポット情報

内灘町歴史民俗資料館「風と砂の館」

内灘町の歴史や資料、凧や文化財を展示している施設、歴史民俗資料館「風と砂の館」。 第一から第四まで分かれた展示室は、粟ヶ崎遊園コーナー・内灘闘争コーナー・凧コーナー・内灘の民俗と歴史コーナーと、内容盛りだくさん。 内灘の歴史に関する映像もお楽しみいただけます。 内灘闘争(10分)粟ヶ崎遊園(7分)河北潟(7分) 隣接の茶室「惜亭」の利用見学も出来ます。 (茶室のご利用は事前お申込み別途使用料が必要です) 毎日、館内ガイドも行っております。ご希望のお客様は事前お申し込みをお願いいたします。 団体のお客様は、事前のお申し込みをお願いいたします。 〜団体のお客様へ〜 婦人会、教育機関などの遠足など団体のお客様も歓迎しております。(要事前予約) ...